インスタグラムのアカウントが削除される

インターネットサイトの多くには利用規約が設定されており、規約違反の行為があった場合はそのユーザーに対して様々なペナルティが与えられます。
これはインスタグラムにおいても同様であり、規約違反の内容次第ではアカウントが削除され、強制的に利用が止められてしまいます。

突然インスタグラムの運営者から自分自身のアカウントが削除されるペナルティを受ける場合とは何でしょうか。
その理由としてまず考えられるのは、暴力的な内容、差別を助長する内容、性的な表現のうちのいずれかが含まれているコンテンツの投稿を繰り返していたということです。
例えば、旅行でビーチに行って、開放感から裸でポーズをとっている写真を何度も投稿した場合や、自宅の周辺に生息している複数の動物を痛めつける様子をおさめた動画をアップロードしていたりすると、他者から利用規約違反とみなされて通報され、ペナルティの対象となる可能性があります。

上記の削除理由が該当しない場合は、コメントがスパムとみなされたことで削除が実施された可能性があります。
インスタグラムにおけるスパムとは、嫌がらせや営業を目的とするコメントを他人の投稿のコメント欄やダイレクトメッセージに大量に投稿する行為を指します。
インスタグラムでは利用者数の増加とともにスパムも急増しており、運営側も徐々に対策を強化してきています。
よく他のユーザーの投稿にコメントをする機会がある人は、その内容を見た第三者からスパムと認識されて通報されないように気をつけましょう。

また、投稿内容以外の事柄がアカウント削除の理由となることがあります。
例えば、有名人ではないのにもかかわらずフォローしているユーザーの数がフォロワーの数と比較して極端に少ないと、裏でフォロワーを売買しているとみなされて削除の対象となることがあります。
また、最後にログアウトをしてから長期間放置したままでいると、運営側からアカウントが運用されていないと判断されて強制的に削除されてしまいます。

インスタグラムでは強制的か任意かに関係なく、削除されたアカウントは二度と使用することができません。
よって、インスタグラムの利用を続けたい場合は、削除されたものとは別のユーザーネームを用いて再登録の手続きに臨む必要があります。
また、アカウントの削除によってそれまでアップロードしたコンテンツは全て閲覧不可能となってしまいます。
二度と見られなくなってしまうことがないようにコンテンツはアップロードした後もパソコンやスマートフォンの中に保存したままにしておきましょう。