連携すればもっとSNSを上手に使いこなせる

FacebookやTwitterなど、さまざまなSNSが普及してユーザーも増えています。
すべて使っていなくても、いずれか1つに登録している人は多いはずです。
使いこなせば、同じ趣味を持つ友達が多くなります。
企業であれば、SNSが集客に一役買ってくれることになるでしょう。
上手に使いこなすことは、楽しく使うことにもつながります。

SNSの連携はとても便利なものです。
たとえばFacebookを使っているなら、プライベートを中心に親しい友達が集まっているのではないでしょうか。
友達が全員、自分と同じSNSを活用しているとは限りません。
インスタグラムやTwitterの投稿を毎回シェアしなくても、連携しておけば投稿がFacebookのタイムラインに出てきます。
最近撮影した写真や動画も、呟いた内容も友達に見せることが可能になります。
Facebookは投稿の公開範囲を選べるので、あらゆる人に見せたければ「全員に公開」すれば良いです。
プライベートな内容があるから友達まで、見られたくない人がいるので閲覧できる人をカスタマイズして公開することもできます。

LINEユーザーも、Facebookと連携しておくことでメリットがあります。
公開するというわけではなく、携帯電話を機種変更したときにFacebook認証が使えるからです。
どちらも個人情報が多く含まれるものなので、連携させるか別々に使うのか好きなほうを選びましょう。

最近ユーザーが多く、何かと話題になっているのがインスタグラム。
手軽に写真を投稿して、ハッシュタグや「いいね」でフォロワーを増やしている人も多いようです。
個人で使う人だけでなく企業も使うようになっています。
個人ユーザーも法人ユーザーも、多くの人に来てもらいたい場合はプロフィールにURLを載せておくと訪問者が増えると考えられます。
たとえばブログを読んでもらいたい、ホームページを見に来てもらいたいなどです。
特に企業の場合は、写真に興味を持ったユーザーがホームページに来てくれる可能性が高いので掲載していることが多いです。

SNSは上手に使いこなせばとても楽しいもの。
複数のSNSを使っている人は、どのSNSをどこに連携させるのか整理しておきましょう。
ホームページやブログ、YouTubeなどは個人的な内容が出てくることが多いのも事実。
使いこなすとSNSが面白くなりますが、必要以上にプライベートを公開してしまわないようにご注意を。
種類の多いSNSを、正しく楽しく使いましょう。